使い勝手に大変優れた横浜のウィークリーマンション

賃貸物件において暮らす際には、敷金や礼金といった初期費用が掛かる場合が多いですが、ウィークリーマンションでは初期費用が不要なので、初期費用を抑えたい場合には大変魅力的です。また、短期間の契約も可能となっており、出張や旅行、リフォーム中の仮住まいなど、様々なシーンにおいて手軽に活用することができます。横浜の場合、アクセス性に優れたエリアに多数のウィークリーマンションが存在しており、立地面を重視している場合でも納得のいく物件が見つかります。また、物件数が多いため、様々なこだわりを持って物件探しを行う際にも便利です。横浜のウィークリーマンションを取り扱っている業者では、自社のサイト上において詳しい物件情報を掲載しているので、物件探しの際に役立ちます。また、問い合わせにも迅速に対応しているので、気になる物件について気軽に質問することもできます。

横浜のウィークリーマンションの方が安い

横浜で一ヶ月間過ごす事が決まりました。会社の上司に横浜の店舗の様子を見て手伝って欲しいと言われたからです。そしてお給料はその分アップされるのですが、基本ホテル代は自腹になる為、少しでも安い場所を見つけたいなと思ってインターネットで探しました。ホテルは安くても一泊1万円くらいで30日泊まると30万円くらいになり高いなと感じました。そしてウィークリーマンションがある事を知り、それによると一ヶ月間をほぼ半額で借りれる事がわかりました。とても便利だなと思えたので、すぐに契約をして住むことになりました。とても人気があるみたいで、空き室が残り1室だったので、運が良かったなと思っています。1ヶ月住みましたが、お風呂も広く、ベッドも付いていたので普通の家と変わらず、とても住みやすかったです。又転勤が決まったら同じウィークリーマンションにしようと思っています。

横浜のウィークリーマンション選び

横浜のウィークリーマンションは、出張で訪れるビジネスマンにとって利便性が非常に高い、新横浜駅や横浜駅から近く徒歩圏内となっている、神奈川区周辺や中区、南区、西区などに多数点在しており、利用料金お相場的にはショートステイの場合は、4000円台からの物件が多く、マンスリー利用の場合には120000円台~150000円台ほどが、メインとなっているようです。人気の高い地域としましては中区の場合は、行政機関が集中しており、東京都心へのアクセスも便利で、中華街も近いという立地的特徴があり、西区の場合には商業の中心的立地で、みなと未来21区などがあるという特徴があります。立地ごとの特徴や料金などを十分検討して、快適なウィークリーマンション選びをする事で、ビジネスに集中できる生活を送れるように、備えると良いでしょう。